ホーム » ダイエット

ダイエット」カテゴリーアーカイブ

1週間の気合いとタイミング!

女性の永遠のテーマとも言われるダイエットですが、女性特有のタイミングでおすすめできるダイエットがあるんです!それは生理後の1週間です。生理前や生理中って体調を崩したり食欲が異様に出てしまったりと自身で何かとコントロールが難しい時期かと思います。生理前後で体重の増加があるという方も多いかと思いますが、それはもう仕方のないことですしご自分を責めることはありません。

シボルの効果やネット上の評判

なによりその生理終了後の1週間が何よりもダイエットに重要なのですから。多少の体重の増加はもう目をつぶってしまいましょう。人によって大きく違いはありますが大抵の場合生理後の約1週間は女性にとって最高に体調が良いタイミングとされています。

イライラも少ないですし腹痛や嘔気頭痛なども普段よりかはおきにくいですよね。そんな時にもうこの1週間だけは!と自身を奮い起こさせてするダイエットがあります。それはデトックスです。実は生理は最高のデトックスと言われているのをご存知でしょうか?

つまり生理後というのは体内の毒素がデトックスされている状態になるんです。そこにプラスして断食をすることで消化器官を休め更にデトックス効果が高められることになります。慣れにもよりますが最初は3日から慣れれば1週間断食をすればストンと体重が落ちることも。なによりも体内の毒素が一気にデトックスされるため健康に、より今後の生活でも痩せやすい身体をつくることができます。長期間ではなく短期間での勝負になりますので出口の見えない運動よりもおすすめできます。是非チャレンジしてみてください!

ダイエットを行うにあたり気をつけたいこと

ダイエットを行うにあたり特に気をつけなければならない事は摂取カロリーをなるべくとらないと言うことです。シボルの通販最安値は?

ダイエットをしようと思っていてもなかなかダイエットを成功させることができないと言う方はきっと少しの間食を行ってしまっていたり、清涼飲料水や炭酸飲料などを知らず知らずのうちに摂取してしまっているのではないかと思います。

そのような細かい積み重ねによって体重が増えてしまい、ダイエットを成功させることができないと言えるでしょう。

ですからそのようなことを逆算して考えた際に少しでも摂取カロリーが低い食事を摂ったり、極力食事以外に口にするものをするものを減らすように心がけをしていくことが大事です。少しの心がけでダイエットを成功させることができるといえますから、ぜひとも考え方を変えながらダイエットに取り組んでみてはいかがでしょうか。

また食事以外にも運動を行い、代謝を上げながら脂肪を燃焼させていくと言うこともダイエットの基本であると言えます。なかなか運動が嫌いで運動をせずにダイエットを行おうと考えている方もいらっしゃると思いますが、なかなかダイエットを行うことができないのでぜひ運動と併用してダイエットを行うと言うことが好ましいでしょう。

ねじりプランクでウエストまわりを引き締めよう

男性、女性問わず自分の体で気になる部分の一つは『ウエストまわり』ではないでしょうか?お腹やわき腹の脂肪が気になり始めたら、普段の生活だけでは簡単に落とすことはできません。ウエストまわりの筋肉は日常ではあまり使う機会がないため、エクササイズで引き締めることが有効です。

シボルの効果をご紹介!私の口コミや実店舗での市販状況などまとめ!

今回はお腹やわき腹、腰回りに付いた脂肪を落とすために有効なエクササイズを紹介します。

いつも使わない筋肉だったら、はじめは「辛い」と思うかもしれませんが、普段の生活に取り入れて毎日行ってみてください。例えば、テレワーク中の小休憩に行うと、体を動かすことで良いリフレッシュとなるためオススメです。

『ねじりプランク』は、体幹トレーニングの定番である『プランク』(うつ伏せの状態から両ひじと両ひざを床につけ、体を浮かせた状態でキープする。両手は組んだ状態にする。)に、腰から下を左右にひねり、かかとを床につける運動を行うエクササイズです。その際、お尻は上がりすぎず、下がりすぎず、体が一直線となる姿勢をキープしましょう。ゆっくり動くことで、ウエストまわりを効果的に刺激します。左右往復で1回とカウントします。最初は1日数回、体に無理がないように少しずつ回数を増やしていきましょう。多い時は1日に50?100回、2?3セット行うとより効果が高まります。YouTube等で実際に行っている動画がありますので参考にしてみてください。

毎日行うことで見た目がスッキリし、筋肉が付いたり、脂肪を燃焼しやすい体になりやすいです。「写真写りをよくしたい」、「服をキレイに着こなしたい」など、具体的な目標を持つと継続しやすいです。また、少量でもかなり負荷のかかるトレーニングなので、自分の体調に合わせて回数を少なくするなど、余裕を持ちつつ行いましょう。