ホーム » スキンケア » しつこく繰り返す憎きニキビ

しつこく繰り返す憎きニキビ

中学生の頃は、みんなから褒められたり憧れられるくらい肌に対して何のコンプレックスもありませんでした。当時、何かを顔に塗るということは、自分にとって非常に不快な感覚を覚えたくらいです。今考えてみると、結構リスクのあることをしていたんだなと悔やむばかりです。

http://www.lourdesalmeida.com/

ただ、高校生になると今まで通りのようにはいかなくなりました。思春期ということもあり、急激に皮脂が増えて、日中の顔のテカリが気になるようになりました。同じくらいの時期に、ボツボツ赤いニキビができるようになりました。特に皮脂量の多いTゾーンと呼ばれる箇所は、頻繁にできては直り、直ってはできるの繰り返しでした。

自分では気にすることなく、周りから指摘されるまでは、特に治療をしようとも思いませんでした。なぜなら、できものなんて放っておけば自然に治るものだと思っていたからです。

また、男子校だったこともあり、自分がどう見られようとも、関係なく日々過ごしていたことも大きかったと思います。その後、大学に進学してから女性と接する環境に置かれ、スキンケアというものに本気で取り組み始めました。

年がら年中、ニキビ対策の化粧品や肌にいい食べ物などの情報をネットで収集していた気がします。そのせいか、気付くと身の回りには化粧品が溢れていました。これらの経験を踏まえて伝えたいことは、スキンケアは適度に行ない、過度に行なうのもいけないということです。毎日するものですから、シンプルにして末永く付き合っていければ良いと思います。