ホーム » ネット回線 » 遅いと感じるネット速度。その原因は思わぬ所に、、、

遅いと感じるネット速度。その原因は思わぬ所に、、、

 今から約二十数年前、ようやく光回線の対応地区に該当!ドコモ光の速度や料金への悪い評判は本当?良い評価の口コミと合わせて徹底調査!

(よし、動画やソフトのダウンロードも早くなるし、ADSLより安定してると言うし、ネット上で自分の作った曲や写真のせいしがなどを仲間とやり取りするのも楽になりそう!)

 もう、小さい子供が欲しいおやつをもらった時の様な嬉しさと久しぶりのワクワク感が得られ、開通日が来るまで永く感じた物でした。

 さてさて、回線自体の速さと規格、安定性、プロバイダの品質、それぞれが大切な項目の一つと書きました。

 ただですね、今も昔も共通して見落としがちな為、実際遅くなっている一つの原因が有ります。

 今回は、、ルーターから直接家電やPCに接続して使う為に必要なLANケーブルの事です。

 100均でも売ってるし、色んな色もあるし、太さも色々だから、使い易いケーブルでいいんじゃないの?

 その様な事、良く言われるんですよ。

 この回答は、(凄く勿体ない事あるよ)(遅くなる原因や不安定さ、元々の回線の速度が出せてない事あるよ)

 皆んな不思議がります。

 回線速度とLANケーブルの関係性はなんぞや?

例えばある回線会社がうたっている1Gを例にすると、じっさいには1Gマックスで享受出来ることはあまりないのですが、LANケーブルを購入する時には一つの基本の指標となります。

 あとネット会社のサイトなどで最低限の必要な求めるスペックがあり、それ以上の性能の物を使う必要があります。

 先の1Gで、特に推奨スペックが無いとしたら

・1Gの速度に対応してる規格が第一に必要です。

これですと、カテゴリー5e、6、6A、、、と、数値が大きくなると、より高く求められる回線速度や安定性に規格上クリアした商品で、まぁケーブルの対応する規格より低い回線速度にも勿論対応してますが、(オーバースペックとなる事もあったりして、ケーブルの持ってる100%のポテンシャルは出ていません。)

逆に回線速度より下回る規格を使うと頭打ちやコマ落ちなどの原因になってしまう事があります。

 使う場所とルーター迄の長さをしっかり測り、余裕を持たせて購入したり、接続数ごとに色分けし購入し接続もいいと思います。

柔らかで細く薄いものは隙間を通したり、段差に引っかかりにくいので、色々調べて購入するのが大切ですね。

 可能なら商品をパソコン用品コーナーをチェックするのもお勧めです。

 良かったら是非参考にしてみて下さい。