ホーム » スキンケア » ガンコな大人ニキビとの闘い

ガンコな大人ニキビとの闘い

思春期の頃から生理前になると顎にポツンと出現するようになったニキビ。しこりのように固くなって炎症を起こした部分にニキビが出現し、最終的には黄ニキビにまで悪化してしまうというパターンでした。10代の頃は思春期ニキビかな?と思っていたので、大人になるにつれて解決するだろうと楽観的に考えていました。

https://cleverstyle.xsrv.jp/nico-soap/

しかし、20代になっても治まらず、就職する頃にはよくなるどころか悪化する一方。今思うと、仕事のストレスや一人暮らしを始めたことによる食生活の乱れが原因だったのかもしれません。顎にできたニキビは1つ治ったと思ったら新たにまた1つ2つと出現し、常に肌荒れしている状態。見た目も痛々しく、外に出るのが憂鬱なぐらい悪化してしまい、さすがに皮膚科を受診することに。診察してもらい、典型的な大人ニキビだと言われました。

塗り薬や飲み薬を処方してもらいましたが、皮膚科医の先生に言われた「ニキビができやすい人は何してもできちゃうから。

上手く付き合っていきましょう」という言葉にショックを隠せませんでした。その後も、ニキビにいいという口コミを見ていろんなスキンケアを試しつつ、ひどくなったら皮膚科で薬をもらうということを繰り返していました。

そして、理想のスキンケアに出会えたのは20代後半になったつい最近のこと。イハダ 薬用ローションのあとにミノン アクネケアミルクを馴染ませ、肌荒れしやすい部分にはイハダ 薬用バームを塗布します。すべて抗炎症成分が含まれているスキンケア用品に変えたところ、肌荒れが落ち着き、ニキビができても悪化することが少なくなりました。合う、合わないは人それぞれなのでニキビに悩む方全員に効果があるとは言えませんが、どのスキンケアを使えばいいのかわからないという方にはぜひ試してみてほしい組み合わせです。