ホーム » 子育て » 他の子よりできないことが多くても

他の子よりできないことが多くても

私の次男は3500gとまあまあ大きく産まれ、そのまま大きく育つものと思ってました。

ミルクを受け付けずほぼ完全母乳。たくさん飲んでたはずが体重はなかなか増えません。夜中はほぼきっかり1時間おきの授乳が1年半近く続きました。歩き始めるのも遅く、言葉などは全く出ず、癇癪がひどくて予想通り1歳半検診で引っかかりました。

http://www.asociacionfadam.org/

対策として、地域のサークルなど積極的に参加し、周りの子たちと比べてはへこむ毎日でしたがそれでも健康に問題なく元気に過ごしました。また、夜中の1時間おきの授乳が、睡眠不足で脳の発達に良くないんじゃないかと私なりに考え、卒乳を希望してましたが断乳を決行。泣かれてもうつぶせのまま寝たふりして我慢させ、数日もしないうちに朝まで寝るようになりました。これには自分もビックリでもっと早く断乳してれば良かったと思いました。

変化が訪れたのは3歳になる年。ほとんど言葉を発しなかったのが、少しずつ話すようになり、癇癪も落ち着いてきました。
この頃は週1回の完全母子分離のサークルに預けていたのと、週1回入園予定の幼稚園に親子で通ってました。

現在幼稚園年少、毎日幼稚園バスで通っています。体も1番小さいです。今も周りの子に比べてやや劣っているなと思うことが多々あります。でも不思議なもので、他のお子さんが当たり前のようにできることでも、うちの子はできないという思い込みから、その分何かできたことがあれば、人一倍嬉しく感じます。すごく小さなことです。先生が座ってと言ったら座れた、上靴を自分の場所にしまえた、えんぴつで線が書けたなど。
そういう意味では、ずっと不安で精神的にも身体的にも辛い乳児期でしたが、感動がその分大きく返ってくるので、今ちょっとのことで幸せな気持ちになれるのが嬉しいです。