ホーム » スキンケア » オイリー肌に悩む10代

オイリー肌に悩む10代

 当時私は運動部で活動していたこともあり、代謝がよく、とても汗っかきでした。お化粧に興味が湧く年頃でしたが、ファンデーションなどをしても、つけた1時間後には油浮きして崩れてしまいます。また、ニキビができるとなかなか治らず。隠そうとすると悪目立ちしてしまいました。

シミーホワイトリンクルエッセンスの真の口コミと効果を赤裸々レビュー!

対処法:お化粧はワンポイントメイクに。基本のスキンケアを重視。

 当時、お化粧するなら必須だと思っていたファンデーションをやめました。よれるくらいならない方がきれいですし、肌トラブルも減って本物の透明感が出ました。そのかわり、アイメイクや口紅で流行を楽しむことにしました。

 ファンデーションをやめるならニキビがあっては困ります。そのためスキンケアの基本のクレンジング、洗顔、保湿はきちんと行うようにしました。洗顔は泡立てネットを使って細かい泡で洗う。当たり前のことですが効果は絶大でした。

 保湿に関しては始め、あまりしていませんでした。していなくても勝手に浮くほど油が出てきます。そのかわり、1日に何度もしていた泡洗顔を水洗顔に変えました。どうしても気になった油をこすり落とすのはやめ、さっと上辺のいらない油だけとり、タオルでそっと叩いてオフするように。すると肌への摩擦が減ったせいかニキビなどができる回数も減っていきました。

 また、日焼け止めの習慣もこのころに始めました。

 こうした10代に始めたスキンケアは20代30代の肌対策の基礎として私の日常に組み込まれています。