ホーム » ダイエット » ねじりプランクでウエストまわりを引き締めよう

ねじりプランクでウエストまわりを引き締めよう

男性、女性問わず自分の体で気になる部分の一つは『ウエストまわり』ではないでしょうか?お腹やわき腹の脂肪が気になり始めたら、普段の生活だけでは簡単に落とすことはできません。ウエストまわりの筋肉は日常ではあまり使う機会がないため、エクササイズで引き締めることが有効です。

シボルの効果をご紹介!私の口コミや実店舗での市販状況などまとめ!

今回はお腹やわき腹、腰回りに付いた脂肪を落とすために有効なエクササイズを紹介します。

いつも使わない筋肉だったら、はじめは「辛い」と思うかもしれませんが、普段の生活に取り入れて毎日行ってみてください。例えば、テレワーク中の小休憩に行うと、体を動かすことで良いリフレッシュとなるためオススメです。

『ねじりプランク』は、体幹トレーニングの定番である『プランク』(うつ伏せの状態から両ひじと両ひざを床につけ、体を浮かせた状態でキープする。両手は組んだ状態にする。)に、腰から下を左右にひねり、かかとを床につける運動を行うエクササイズです。その際、お尻は上がりすぎず、下がりすぎず、体が一直線となる姿勢をキープしましょう。ゆっくり動くことで、ウエストまわりを効果的に刺激します。左右往復で1回とカウントします。最初は1日数回、体に無理がないように少しずつ回数を増やしていきましょう。多い時は1日に50?100回、2?3セット行うとより効果が高まります。YouTube等で実際に行っている動画がありますので参考にしてみてください。

毎日行うことで見た目がスッキリし、筋肉が付いたり、脂肪を燃焼しやすい体になりやすいです。「写真写りをよくしたい」、「服をキレイに着こなしたい」など、具体的な目標を持つと継続しやすいです。また、少量でもかなり負荷のかかるトレーニングなので、自分の体調に合わせて回数を少なくするなど、余裕を持ちつつ行いましょう。